屋外広告物の定期点検承ります。

屋外広告物の定期点検の写真

平成29年10月1日より屋外広告物の定期点検が義務化されました。

屋外広告物の管理者等は、日常の補修その他の管理に加え、風雨や経年劣化によって屋外広告物に倒壊・落下のおそれ等が生じないよう、「定期的な点検」(安全点検)を行うことが義務となります。

点検時期

屋外広告物を表示・設置・改造した時、及びその後3年以内ごと。

点検項目

本体及び取付け部の変形・腐食等、ボルト及びビス等のサビ・緩み等、表示面の破損・はく離・汚染・退色・変色等、その他照明等の取付け状態。

点検者の資格

高さ4メートルを超える屋外広告物の点検は、下記のいずれかに該当する者が行う必要があります。

  • 屋外広告士
  • 建築士
  • 電気工事士
  • 電気主任技術者
  • 職業訓練修了者等

屋外広告物の定期点検もお任せください。

看板本体・取り付け部分の変形などを確認している様子

本体及び取付け部の変形・腐食等、ボルト及びビス等のサビ・緩み等の確認。

高所作業車で作業をしている写真
表示面の破損・はく離・汚染・退色・変色等の確認。
基礎部分の確認
基礎及び取付け部の変形・腐食等の確認。
看板の点検をしている写真
看板の点検をしている写真

本体及び取付け部の変形・腐食等、ボルト及びビス等のサビ・緩み等の確認。

安全報告書用に写真を撮影しているようす
安全点検報告書には、写真の添付も必要です。
支柱や照明の取り付け状況を点検
支柱の接合部、照明等の取付け状態の確認。

基本料金/50,000円+1m当たり5,000円+諸費用

※地上9mの看板の場合、50,000円+45,000円=90,000円(諸費用・消費税別)となります。
※費用はおおよその目安です。設置場所・状況により異なります。

  • 基本料金/有資格者点検・報告書製作費、高所作業車レンタル費
  • 諸費用/役所申請費用、役所申請代行費用(ご希望の場合)、道路使用許可申請(必要な場合)
  • 別途費用/内照式看板の場合は+10,000円〜、点検により補修箇所が生じた場合は実費となります。

関連情報

  1. 看板の表面仕上げ材〈立体編〉

  2. 看板材料の規格サイズ〈ステンレス板編〉

  3. 看板材料の規格サイズ〈アクリル板・アルミ板(無垢材)編〉

  4. 看板の表面仕上げ材〈平面編〉

  5. LED照明を使った看板の写真

    内照式看板のLED照明への交換をお薦めしています。

  6. 看板材料の規格サイズ〈アルミ複合板編〉

information

Information一覧